キャロット1歳馬にうっとりするツイキャス

先日行ったキャロットクラブの募集馬を語る「キャロット1歳馬にうっとりするツイキャス」私の想定以上の方に視聴、参加していただき本当にありがとうございました。

私自身、特に血統や馬体に明るいわけではないので見解をお伝えするというよりも皆さんのお力をお借りしてワイワイできる場になればと思っていたのですが、色々コメントをいただきながら、とても楽しく、出資や来年のPOG検討にもなるような配信になったのではないかと思います。

キャロット会員の方はもちろんですが、そうでない競馬ファンの方も来年以降のデビューが待ち遠しくなるようなものになっていたら嬉しいです。来年、もしくは他のクラブに出資するような場合はまたこういう機会を設けたいと思います。テレビ番組を見るような感じで視聴しやすいものになるよう、もっと工夫していきたいと思います。

ツイキャスとYouTubeに配信残していますのでよろしければご覧ください。

そして、検討に検討を重ね、ようやく第1次募集の申し込み完了しました。
抽選もあり、結果はどうなるかわかりませんが、うっとりツイキャスを経て決めた馬たちなので、こちらで紹介していきます。

ダークホースラジオ キャロットクラブ第1次募集 応募馬

ドラフト1位
クルソラの15(牡:父オルフェーヴル 母父Candy Stripes)
クルソラの15

オルフェーヴルの初年度産駒となります。姉に桜花賞2着、オークス3着のクルミナル(父ディープインパクト)。兄に先日のBSN賞を快勝したピオネロ(父ネオユニヴァース)がいます。初志貫徹。これが欲しいんです。お願いします。以前からクラシックで活躍した馬、アグネスタキオンやキングカメハメハなど、これぞという馬は価格が上がる前に初年度産駒を狙い撃ちしていました。まあ全部ダート馬に出てしまったのですが。今年はオルフェーヴルの産駒、特に牡馬をどうしても持ちたい、何とかクラシックに出たいと思い、かなり早い段階からこの馬が気になっていました。当然人気です。大激戦です。気性が激しそうな本馬ですがオルフェーヴル産駒を持つ醍醐味と前向きにとらえています。抽選結果を楽しみに待ちたいと思います。

ドラフト2位
シェルズレイの15(牝:父キンシャサノキセキ 母父クロフネ)
シェアルズレイの15

キンシャサノキセキは3世代目で現在リーディング15位、奮闘しているのではないでしょうか。サクラバクシンオーに続く短距離種牡馬の地位を確立してほしいものです。快速馬シェルズレイとの組み合わせは先行力を前面に出したスピード配合の牝馬で魅力的でした。1代上にはクロフネとフジキセキがいるバックボーンの安心感。マイル以下の仕上がりが早いイメージで、阪神JFや桜花賞、その後スプリント路線へと駒を進めて欲しいという期待を込めての応募です。これも人気でどうなるか。

ドラフト3位
ヴィアンローズの15(牝:父ディープブリランテ 母父Sevres Rose)
ヴィアンローズの15

上記2頭が抽選激戦のため結果がわからず、全部通っても全部外れてもいいように、「安くて確実に走りそうな馬」で選びました。ツイキャスで話しているうちに欲しくなってきた1頭です。今年の新種牡馬ディープブリランテは既にオープン馬ディーパワンサを出していますし、母のヴィアンローズはコンスタントに勝ち馬を輩出、今年はダービーにアジュールローズ(父ヴィクトワールピサ)を送り込みました。条件戦でもコツコツ走ってくれればいいなと思っています。

以上の3頭を申し込みました。3頭とも関東馬なので応援に行きやすいですしタイプも異なるので全部抽選を通ってくれればこの世代はかなり楽しめそうです。さあどうなりますか。

その他、迷ったけど見送った馬です。後々あーチクショウとなりそうですが、それも一口ライフなので。

ディアデラノビアの15(牝:父キングカメハメハ 母父サンデーサイレンス)
ディアデラノビアの15

ディアデラマドレの全妹。まあ走ってくるでしょうという血統。抽選厳しいしこれ以上は頭数増やせないなと思っていたので見送ったのですが意外とイケそうな申し込み状況で最後まで迷いましたが価格も高いのでやっぱり見送りで。良血馬なので走っても悔いなしです。新潟記念でアデイインザライフに単勝2万勝負したMラジのTAKUYA御大も絶賛。みんな絶賛。

ヴィートマルシェの15(牝:父ロードカナロア 母父フレンチデピュティ)
ヴィートマルシェの15

新種牡馬“世界の”ロードカナロア、産駒もアヴニールマルシェ(父ディープインパクト)などマイル前後で実績あり、価格も手頃、そして堀厩舎と当然出資候補にしていましたが、中間発表で超人気。キャロット全体でも1番人気です。まあそうですよね。ドラ1の優先候補にしても厳しい戦いになりそうなのであえなく撤退。

ブロードピークの15(牡:父エイシンフラッシュ 母父ディープインパクト)
ブロードピークの15

エイシンフラッシュ産駒は馬体見て恰好いいなと思った馬がいたら候補にいれようかなと思っていました。この馬は少しサイズは小さめなんですけど母父ディープと祖母ブロードアピールという血統背景、牡馬で45000円という価格も魅力でした。極めつけは新潟記念でアデイインザライフに単勝2万の大勝負に見事勝利したMラジのTAKUYAさん(ひょっとして競馬の神様?)も大絶賛。段々気になってきて締め切り1日前の現在、まだ少し揺れています。

検討と申込み状況は以上です。縁あって自分のもとにやってきてくれた愛馬は精一杯応援したいですし、同じ出資者の方々とは競走馬人生の喜怒哀楽をともにわかちあえたらと思います。申し込み結果はまたこのホームページやTwitterでお知らせします。今年はダークホースラジオでツイキャスもできて、また新しい一口馬主の一面を楽しめました。引き続きよろしくお願いします。

※追記
なんとまさかの全落ち…キャロット激戦ですね。
今年はキャロット出資なしで、権利もって来年に備えます。
代わりにシルクで1頭応募しました。あきらめられなかったオルフェーヴル産駒。
こちらの秋華賞馬ブラックエンブレムの仔にしました。小柄なのですが、今年のオークス馬シンハライトのような活躍を期待します。
名前、オルフェの金色とブラックから「ピカピカエンブレム」で応募したんだけど、そこを何とかお願いしますシルクさん。